ワイドセレクトマルチの選び方

ワイドセレクトマルチエアコンとは

ワイドセレクトマルチエアコンとは

ワイドセレクトマルチは、室外機1台で最大7台(7室)まで室内機が接続できる全館空調向け大容量のマルチエアコンです。
一般的なマルチエアコンでカバーできるのは5室程度まででしたが、個別空調のライフスタイルに応じて部屋毎の運転ができる効率の良さ、これまでのマルチエアコンでカバーできなかった空間にもワイドに対応できます。
お部屋数が多いためにマルチエアコンを諦めていたお客様も、ぜひ弊社にご相談下さい。

商品の選び方

マルチエアコンは多くの組み合わせができる反面、組み合わせが多すぎて迷われるお客様も少なくありません。
ここではそんなマルチエアコン選びのコツをご紹介いたします。
面倒だなと思われる方は、お気軽にお問合せ下さい。ご要望に合わせてお見積りいたします。

  1. 設置する部屋数を調べる

    ワイドセレクトマルチは室外機1台で、室内機を4~7台(部屋)まで稼働できます。

  2. 設置する部屋数に応じたBPユニットを選択

    BPユニットとは、室外機と室内機を繋ぐ配管を分岐する部材です。2台接続タイプと3台接続タイプが存在します。
    5室に設置する場合なら、2台接続と3台接続タイプのBPユニットをそれぞれ1つづつ選択します。

  3. 室外機の能力合計内で室内機を選択。

    ワイドセレクトマルチの能力合計は、最小8.8kW~最大16.8kWとなっています。
    室内機の能力の合計が室外機の能力を超えると、動かなくなってしまうためここで調整をします。
    設置する部屋数分、各お部屋の用途・既存のエアコンをもとに室内機の種類を決めていきます。「リビングは天井埋込型、和室は壁埋め込み型にしよう!」など、組み合わせは自由です。
    ※室内機と室外機は信号のやり取りを行いますので、「他のメーカーのものと組み合わせよう」といったことや、同じメーカーでも「室内機はそのままで室外機だけ他のモデルにしよう」などといったことはできません。

  4. あなたにぴったりの空調ユニットが完成!

    ※各室内機の冷暖房の切換えは、はじめに運転した室内機と同一になります。

室外機の能力合計に注意

容量範囲内

2.8kWの室内機 × 4台 = 能力合計は11.2kW範囲内なのでOK!

容量範囲外

3.6kWの室内機 × 7台 = 能力合計25.2kW範囲外なのでNG

ワイドセレクトマルチの能力合計は、最小が8.8kW ~ 最大が16.8kWです。必ずこの能力合計内で4台以上の室内機を選定してください。

実際に商品を選ぶ

以上を踏まえたうえで、実際にワイドセレクトマルチを選定してみましょう。

SETP①室外機を選択

ワイドセレクトマルチの室外機は1種類のみ。まずは室外機をカートへ。

RM112NV ダイキン ワイドセレクトマルチ用室外機 【4-7室用 計16.8kWまで】

RM112NV ダイキン ワイドセレクトマルチ用室外機 【4-7室用 計16.8kWまで】

368,280(税込)

SETP②BPユニットを選択

設置する部屋数に応じたBPユニットを選択しましょう。

SETP③室内機を選択

合計能力の範囲内で室内機を選択しましょう。
右上のカートボタンから、選択した商品の一覧の確認と数量変更などを行えます。

お気軽にお問い合わせください♪

総合窓口

0120-029-009 【通話無料】

電話受付時間 10:00 ~ 19:00(日祝日除く)

お見積り・お問合せフォーム

各店お問い合わせ