家庭用・業務用エアコンの撤去処分

エアコンは他の家電のように、簡単に撤去処分が出来ません。
取り付けや取り外しに専門的な工事が必要なのも理由の一つですが、厳密には環境を守るための法律が絡んでくる為、特殊な工程を経ることが必要なのが大きな理由です。 ここではエアコンの撤去・処分について解説していきます。

家庭用エアコンと業務用エアコンの処分方法の違い

エアコンは法律に乗っ取った撤去・処分をする必要があります。
また、そのエアコンが家庭用か業務用かで、適用される法律や処分の方法も変わってきます。
家庭用エアコンには『家電リサイクル法』、業務用エアコンに関しては『フロン回収・破壊法』や『廃棄物処理法』に従って処分する必要があります。この法律に乗っ取った処分を行わなかった場合は、罰則もあります。

家庭用エアコン

分類されるもの

  • 家庭用壁掛け形・床置き形
  • 家庭用窓エアコン
  • 家庭用マルチエアコン(壁掛・床置のみ)

適用される法律

  • 家電リサイクル法
家庭用エアコンの撤去・処分に関して

業務用エアコン

分類されるもの

  • 業務用エアコン全般
  • ビル用マルチエアコン
  • その他

適用される法律

  • フロン回収・破壊法
  • 廃棄物処理法
業務用エアコンの撤去・処分に関して

なぜ『正しい処分』しないといけないのか

不法投棄・高額請求

上記で解説した以外の方法で処理をした場合、回収した機器の不法投棄・不適正処理・不適正な管理をされる可能性が高く、そういった事例が経済産業省に多く報告されているようです。
また、無料回収などと謳った業者が、最終的に高額な費用を請求をしてくるなどのトラブルもあるようです。
エアコンの撤去・処分は、必ず正しい処分を行っている業者に依頼しましょう。

『正しい処分』を行わなかった場合…

罰則

家電リサイクル法においての罰則は…

  • 50万円以下の罰金(法第58条):両罰規定(法第61条)
  • 30万円以下の罰金(法第59条)など。

エアコン内にフロンが残ったまま解体してしまうと、1年以下の懲役または50万以下の罰金が課されます。
罰則が適応されるのは機器の所有者(廃棄者)ではなく、フロンを放出した人に課されます。
詳しくは環境省・経済産業省のページをご覧ください。

(参照:フロン回収・破壊法の概要家電リサイクル法の遂条解説より)

エアコンは正しく撤去・処分しましょう

エアコン総本舗では、エアコンの入替えに伴う既設エアコンの撤去・処分も承っております。
もちろん、処分に関しては、法律に従った正しい方法で行いますのでご安心ください。
無許可の業者に依頼してしまった…間接的に法律違反をされてしまった…など、処分を巡るトラブルを避けるためにも、撤去・処分は必ず信頼できる業者に依頼しましょう。
処分について少しでも不安なことがあれば、弊社までご相談ください。

CONTACT

お問合せ

お見積もりは無料ですお気軽にお問合せください♪

0120-029-009 【通話無料】

受付時間10:00 ~ 19:00(日曜.祝日除く)

詳しいお見積り、お問合せはコチラメールフォーム

LINEでカンタンお見積り・お問合せLINE見積もり

各店舗へのお問合せ実店舗一覧