R22冷媒は2020年に全廃されます

皆さんのお宅や職場に設置されているエアコン、何年前に製造されたものでしょうか?
10年以上前に製造されたエアコンであればご注意ください。
その時期に製造されたエアコンに多く用いられていた、R22(HCFC)冷媒ガスの削減・全廃が決められ、2015年には実質撤廃、2020年には完全撤廃の予定となっています。
国内の冷凍空調機器メーカーはすでにR22対応製品から代替冷媒製品の生産・販売へ移行済みです。
また、経済産業省・環境省は、改正フロン法に基づくフロン類再生業の準備に着手しています。(再生量は該当するフロン類の廃棄量などに制約されます。)

(参照:一般社団法人 日本冷凍空調工業会より)

冷媒ガスとは?

フロンガス

冷媒ガスとは、フロンガスとも呼ばれ、エアコンの冷媒機能の核を成している人工的に作られたガスのことです。
エアコン内部では、冷媒ガスを蒸発させて気体に変えたり、圧縮したり冷やしたりして液体に変化させたりしながら、冷暖房を行っています。
つまり、冷媒ガスはエアコンの熱効率や性能に対して、非常に大きな影響を与える部分と言えます。
詳しくは、冷媒ガスの解説ページをご覧ください。

フロンガス(冷媒ガス)

R22冷媒ガス(HCFC)が全廃になると・・・?

2015年までに、
2010~2014年の生産枠に対し
6割削減。
2020年には生産終了。
修理不能のおそれ。

この削減・全廃は政府間国際協定(モントリオール議定書・1987年)およびオゾン層保護法(1988年)に基づくもので、すでにCFC(R12、R502など)の生産は1996年に全廃されています。
HCFC(R22冷媒)も2015年には基準生産年(1989年)の10%以下、2020年には実質全廃となります。
では、全廃によってどんな影響が出てくるのでしょうか?

修理費用が高くなる

R22冷媒が全廃されると、新たにR22冷媒を手に入れることが困難になります。
それに伴って、入手コストが修理費用に加算されて修理費用が高騰する可能性があります。

修理時期が伸びる

入手コストだけではなく、手に入るまで修理が出来ないという時間の部分についても、影響が考えられます。
夏場などには最悪1か月以上待つことも・・・。

ランニングコストが高い

R22冷媒を使用している機器は、10年以上前のもの。現行の危機に比べてエネ効率が非常に悪く、電気代が高くついてしまいます。

R22冷媒ガス(HCFC)が使われているエアコン

R22冷媒から新しい冷媒への切り替えが始まったのは1999年頃。
その後も熱効率や環境への配慮などから、冷媒ガスは常に改良が進められ、R22冷媒は2020年に全廃されます。
つまり、10年以上同じエアコンを使い続けている方は、機能面だけではなく性能、電気代、修理への対応などまで含め、あらゆる面でリスクが高まってきているのです。

お使いのエアコンをチェック

機器のラベルをチェック

今現在使用しているエアコンが10年以上前のものであれば、一度チェックしてみることをお勧めいたします。
主なチェック方法は室外機の全面や側面についているラベルを見るだけ。『冷媒:R22』という記載があったら、更新の対象機種です。
その他にも、機種の品番などから調べることも可能ですが、よくわからない場合はお気軽に弊社にお問い合わせください。

R22冷媒ガス(HCFC)が入手困難になる前に入替を!

10年以上前に製造されたエアコンにはR22冷媒が使用されています。
今現役で動いている空調機でも、そのR22冷媒が入手困難の為、修理ができないという事態がこれからどんどん増えてくると予想されますので、ある程度目途をたてて空調の入替計画をすることは必須となります。
さらに、最新エアコンへの入れ替えは、省エネによる節電効果、経費削減に貢献し、環境面ではCO2の削減にも繋がります。
ぜひ、この機会にご自宅・職場のエアコンを見直してみてはいかがでしょうか?

エアコン総本舗では、家庭用・業務用問わず多数のエアコン入替工事実績がございます。
また、対象の機種かどうかの調査や入れ替えのお見積り作成まで無料で行っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

CONTACT

お問合せ

お見積もりは無料ですお気軽にお問合せください♪

0120-029-009 【通話無料】

受付時間10:00 ~ 19:00(日曜.祝日除く)

詳しいお見積り、お問合せはコチラメールフォーム

LINEでカンタンお見積り・お問合せLINE見積もり

各店舗へのお問合せ実店舗一覧