沿岸部や臨海地区にオススメ!耐塩害仕様エアコン

沿岸部や臨海地区などの海沿いの地域では、潮風でサビや腐食が発生しやすく、その影響で室外機の寿命が短くなりがちです。
そのような環境向けに様々な工夫が施された、『耐塩害仕様エアコン』というものが存在するのをご存知でしょうか?
ここでは耐塩害仕様エアコンについてご紹介していきます。

塩害とは?

塩害とは、各種建築物・構造物や植物への、塩分に起因する害の総称で、塩分を含んだ潮風が吹き付けることや、海水が沿岸の河川・土壌内に侵入することなどによる弊害があります。
また、海沿いでなくても、土壌中の塩分による農作物への障害、コンクリート内に含まれる塩分による建築物・構造物への障害などが生じるとこがあります。参照:塩害|Wikipediaより

エアコンへの影響

塩害によるエアコンへの被害

室外機のフィンや表面の腐食が主な影響です。
劣化が進んで通常よりも寿命が短くなってしまいます。
また、基盤や電気系統においても、絶縁部への塩水の付着による導電で、漏電状態になることで引き起こされる故障など塩害によるエアコンへの被害は多岐に渡ります。

耐塩害仕様エアコン

このように、沿岸部や臨海地区などの海沿いの地域では、塩害によってエアコンが劣化しやすく、通常よりも早く寿命を迎えてしまうことが多いです。
そこで、このような環境向けに開発されたのが『耐塩害仕様エアコン』で、各メーカーから様々なものがリリースされています。

通常のエアコンと何が違う?

耐食性の内外装

耐食性のある内外装

耐食性の部品

耐食性のあるネジやボルト

シリコンコーティング基盤

基板をシリコンコーティング

メーカーごとに細かい仕様は異なってきますが、基本的には、サビや腐食に強い塗料や素材(主にフィン)を使用して仕上げた耐食性の内外装、同じくネジやボルトなども耐食性のものを使用し、基盤もシリコンでコーティングして絶縁劣化を防いだものになっています。
また、あくまで通常よりも塩害に強くできているというだけなので、洗浄などの定期的なメンテナンスは必須です。

耐塩害仕様エアコンの種類

耐塩害仕様エアコンには、『耐塩害仕様』と『耐重塩害仕様』の2種類が存在します。
これらは、室外機の設置場所や環境条件などによって選定の目安が変わってきます。

種類 耐塩害仕様

JRA耐塩害仕様(E)

耐重塩害仕様

JRA耐重塩害仕様(H)

据付場所 潮風には当たらないがその雰囲気があるような場所 潮風には当たらないがその雰囲気があるような場所 塩分を含んだ水が直接機器にはかからないが、潮風の影響を受ける場所 塩分を含んだ水が直接機器にはかからないが、
潮風の影響を受ける場所
機種選定の目安
  1. 室外ユニットの設置場所から海までの距離が約300mを超え1km以内の場所
  2. 室外ユニットが建物の影になる場所
  3. 室外ユニットが雨で洗われる場所
  1. 室室外ユニットの設置場所から海までの距離が約300m以内の場所
  2. 室外ユニットが建物の表(海岸面)になる場所
  3. 室外ユニット設置場所のトタン屋、ベランダの鉄製部の塗り替えが多い場所
  4. 室外ユニットに雨があまりかからない場所
耐塩害仕様

JRA耐塩害仕様(E)

潮風には当たらないがその雰囲気があるような場所 潮風には当たらないがその雰囲気があるような場所
  1. 室外ユニットの設置場所から海までの距離が約300mを超え1km以内の場所
  2. 室外ユニットが建物の影になる場所
  3. 室外ユニットが雨で洗われる場所
耐重塩害仕様

JRA耐重塩害仕様(H)

塩分を含んだ水が直接機器にはかからないが、潮風の影響を受ける場所 塩分を含んだ水が直接機器にはかからないが、
潮風の影響を受ける場所
  1. 室室外ユニットの設置場所から海までの距離が約300m以内の場所
  2. 室外ユニットが建物の表(海岸面)になる場所
  3. 室外ユニット設置場所のトタン屋、ベランダの鉄製部の塗り替えが多い場所
  4. 室外ユニットに雨があまりかからない場所

※耐塩害仕様、耐重塩害仕様の選択は、設置環境により条件が変わる場合(例えば季節風、台風の影響の強い地域)を除いたときの目安です。
※沖縄や離島地域に設置される場合は、JRA耐重塩害仕様(H)を使用してください。

管理維持について

前記しましたが、耐塩害仕様エアコンはあくまで通常よりも塩害に強くできているというもので、耐食やサビに対して万全というわけではありません。
設置の際は以下の点に留意し、定期的な点検やメンテナンスを忘れずに行いましょう。

  • 海水飛沫および潮風に直接さらされることを極力回避するような場所に設置して下さい。
  • 日除けなどを取り付けると雨水による洗浄が出来なくなります。外装パネルに付着した海塩粒子が雨水によって十分洗浄されるように配慮して下さい。
  • 室外ユニット底板内への水の対流は、著しい腐食作用を促進させるため、底板内の水抜け性を損なわないように、傾きなど注意して下さい。
  • 海岸地帯に設置された場合は、付着した塩分などを除去するために定期的に水洗いを行って下さい。
  • 据付時、メンテナンス時に着いた傷は、補修して下さい。
  • 機器の状態を定期的に点検して下さい。
  • 基礎部分の排水性を確保して下さい。
  • シーズンオフなど、長期間空調機を停止する場合は、室外ユニットに取り外しができるカバーをかけるなどの処置をして下さい。
  • 水をはじくワックスなどにより、定期的に防錆処理を行って下さい。

耐塩害仕様エアコンの注文方法

耐塩害仕様エアコンの注文

耐塩害仕様エアコンは、基本的に受注生産となっており、ご注文後、既製の室外機を分解し、耐食加工を施して製造されます。
納期は注文確定後およそ2ヶ月が目安となっております。
余裕を持ったスケジュールでご注文ください。
また、弊社で在庫を持っている機種もございますので、まずはお気軽にお問合せください。
※受注生産品ですので、ご注文後にキャンセル、変更などは出来ませんのでご了承ください。

CONTACT

お問合せ

お見積もりは無料ですお気軽にお問合せください♪

0120-029-009 【通話無料】

受付時間10:00 ~ 19:00(日曜.祝日除く)

詳しいお見積り、お問合せはコチラメールフォーム

LINEでカンタンお見積り・お問合せLINE見積もり

各店舗へのお問合せ実店舗一覧