省エネ型ノンフロン機器普及促進事業|東京都

省エネ型ノンフロン機器普及促進事業

東京都

東京都は、都内の温室効果ガス排出量の約1割を占めるフロン排出量の削減に向けて、脱炭素化を更に推し進めるため、冷媒にフロンを使用しない「省エネ型ノンフロン機器」の導入に要する費用の一部を助成します。
(参照:クール・ネット東京 :東京都地球温暖化防止活動推進センター | 「省エネ型ノンフロン機器普及促進事業」より)

事業規模約3.6億円
助成対象者 都内の中小企業者及び個人の事業主(リースを行う場合も含む。)
※冷凍冷蔵倉庫及び食品製造工場を除く。
助成対象機器 省エネ型ノンフロン機器のうち、次に掲げるもの
  • 冷凍冷蔵ショーケース(内蔵型・別置型)
  • 冷凍冷蔵用又は空調用チリングユニット
  • 冷凍冷蔵ユニット(車載用 、 船舶用 又は 輸送用を除く。)
※冷凍冷蔵ショーケース以外は、圧縮機に用いられる原動機の定格出力が7.5kW以上のもの
助成対象経費助成対象機器の購入費、運搬据付費及び工事費
助成金の額 助成対象経費の2分の1(上限1,600万円/台、3,000万円/事業者)
※国等の補助がある場合は、その額を除く
助成対象事業の主な要件
  • 都内の事業所に導入されること。
  • 新品であること。
  • フロンを含む機器を撤去する場合には、法に基づき適切に処理すること。
  • 機器の導入後、東京都が行う調査等に協力できること。
  • 助成金交付対象の決定(交付決定)の前に購入・契約しているものは、原則助成の対象外。
事業実施年度 令和4年度から令和6年度まで(申請受付は令和6年3月29日17:00まで)
※交付申請受付は予算の限度額に達した時点で、受付を終了とします。
※事務手続きの都合上、一時的に交付申請を停止する場合があります。