エアコンの効きが悪くなる原因と解決方法

夏も本番。エアコンで涼もうと起動させてもまったく冷えない!なんて経験はありませんか?
年々高温多湿になっていく日本の夏は、エアコンなしではとても耐えられませんよね。
故障かな?入れ替えたほうがいいのかな?と考える前にまずは落ち着いて原因を探ってみましょう。
もしかしたら、エアコンの不具合ではなく、自力で対処が可能な問題かもしれません。
ここでは、エアコンが冷えない原因と対処法を詳しく解説していきます。

暑い日にエアコンの効きが悪い原因と対処法

夏に、しかも暑い日に限ってエアコンの効きが悪い・・・そんな時に故障以外で考えられる原因は多数存在します。

Case①運転モード・設定温度が原因の場合

運転モード・設定温度が原因で効きが悪い場合

運転モードが『暖房』や『送風』になっていたり、設定温度が高すぎませんか?
冬に使用したそのままの状態で運転していたり、省エネばかり考えて設定温度がかなり高く設定してあると、効きが悪くなる場合があります。
また、運転モードが『冷房』でも、風量が弱やパワーセーブモード・静風などになっている場合、設定した温度に到達するまで時間がかかります。

対処法

運転モードを『冷房』『除湿』『自動』などの冷風が出てくるモードに設定し、冷風が出てくる設定温度まで下げましょう。
風量は、一気に冷やしたい場合は、ブーストモードや強風に設定し、設定温度に達した後は基本的に自動に設定することをおススメします。最近の機種は、室温の感知機能も向上している為、自動で快適な室温を高精度でキープしてくれます。

Case②室内機が原因の場合

室内機が原因で効きが悪い場合

エアコンの室内機には、ホコリなどを吸着するフィルターが搭載されており、使用していく内にどんどん汚れが溜まります。
これが原因で、エアコン内部からの冷風がシャットアウトされて効きが悪くなります。また、これを放置したままにすると、カビや雑菌が繁殖ししまい、吹出す風が大変不衛生になってしまいます。
自動お掃除などの機能が付いている場合でも、取り切れない汚れが蓄積されている場合があるので注意が必要です。

対処法

最低でも1か月に1度は、フィルターを掃除しましょう。
まずは掃除機で表面のホコリを吸い取り、その後は水洗いします。(フィルターが破けないように注意)
汚れがひどい場合には、中性洗剤や重曹などを使用するのも◎。
洗ったフィルターは陰干しで完全に乾燥させ、エアコン本体と熱交換器のフィンの汚れもふき取ってからセットしましょう。
また、冷気は暖気よりも質量がある為、上から下に流れます。風向きは本体に対して水平にすると空調効率がUPします。

Case③室外機が原因の場合

室外機が原因で効きが悪い場合

室外機の周囲がモノなどでふさがれていませんか?
室外機は前面と背面で吸気を行っている為、風を通すための十分なスペースがない場合、空調能力が10%程度低下するおそれがあります。
まわりが雑草だらけだったりというのもNGです。伸びすぎた雑草を室外機のファンが巻き込み、最悪故障する場合もあります。
また、夏の暑い外気温や直射日光などで室外機本体の温度が高くなると、熱を放出するという本来の働きができなくなり、熱がこもった状態になって冷えが悪くなるだけでなく、本体と空気を冷やすのに余計なエネルギーを使うことになるので、電気料金も高くなります。

対処法

室外機の周りを綺麗に片づけましょう。
最低でも、全面25㎝・背面と側面に5㎝以上のスペースを確保してください。
また、直射日光が当たっている場合には、室外機から1m離したところに植木を植えたり、すだれを置いて日陰を作ってあげましょう。
難しい場合には、室外機全体を囲うタイプではなく室外機上に置くタイプの室外機カバーを購入して設置することをおススメいたします。

Case④室内の環境が原因の場合

室内の環境が原因で効きが悪い場合

エアコンは周囲の環境により冷房能力が変化します。
後述しますが、カタログなどに能力目安として〇畳用と表記されていても、建物の構造や材質・立地などによって大きく変わってくるので、選定の際には注意が必要です。
例えば、同じ14畳でも鉄筋よりも木造の方が気密性・断熱性が低いので冷えにくくなり、窓が多い場合や大きい場合は、その分熱が入ってきやすくなるので冷えにくくなります。
また、日中と夜間でも、日光の影響を受ける日中のほうが冷えにくかったりと、建物に侵入する熱気が多いと、お部屋が冷えにくくなります。

対処法

すだれや断熱シートを設置し、熱が部屋に入ってこないようにしましょう。熱源を断つだけで空調効率がグッとUPします。
家電など熱が出るものの使用を控えるのも効果的です。
また、冷えが悪いからと常にフルパワーでエアコンを稼働し続けると、電気代がかさむ上に故障の可能性も高まります。
この場合は、サーキュレーターや扇風機を併用して冷気を循環させるのがおススメです。冷気が部屋に循環するだけで、体感温度(肌で感じる温度)が下がり、涼しく感じられます。

オススメのサーキュレーター

窓を変えて冷房効果と省エネ性UP

インプラス

お部屋の熱源は、殆どが窓からの日差しや熱によるもの。
この熱を軽減する窓に変えることで、冷房効率が大幅にアップし、大変な省エネになります。
また、この窓リフォームは、既設の窓にプラスするだけの簡単な工事で、大体が1日で完了します。
しかも、エアコンの設置と合わせて弊社にご依頼いただいた場合、弊社なら通常よりもお安く工事させていただきます。
この機会に、ご自宅の窓も一緒にリフォームしませんか?

Case⑤エアコンの能力が原因の場合

エアコンの能力不足が原因で効きが悪い場合

お部屋の広さや環境に対してエアコンの能力が不足していると、冷たい風が出ていても部屋全体が冷えにくくなります。
特に、引っ越しなどでエアコンの移設を行った直後であれば、その可能性は高いです。
前記しましたが、エアコンには畳数の目安(能力)が存在します。
例えば、冷房の適応畳数が『8畳~12畳』と書かれている場合、木造住宅なら8畳、鉄筋住宅なら10畳を目安にして、熱が入りやすい環境ならばその分を考慮した能力を選定する必要があります。

対処法

冷えが悪いからと常にフルパワーでエアコンを稼働し続けると、電気代がかさむ上に故障の可能性も高まります。
お部屋の広さや環境に合った能力のエアコンに入れ替えましょう。
快適に過ごすためにはどのくらいの能力が必要なのか、よくわからない場合でも、弊社にご相談いただければ、無料で現地調査・お見積り致します。
すぐの入れ替えが難しい場合は、サーキュレーターや扇風機を併用して冷気を循環させましょう。

解決しない場合は…

これまでご紹介した対処法で解決しない場合、残念ながら故障している可能性があります。
機器本体に起因する故障なのか、配管など本体以外の破損や施工不良などに起因するものなのか、
原因によって対応は変わってきます。
例えば、本体の故障の場合は基本的にメーカーに修理依頼しますが、
施工不要などの場合は実際に施工をした業者などへ対処を依頼しなければなりません。
さらに、メーカーに依頼する場合、修理代の他に出張費などが発生することがあります。
呼んでみたものの、実は機器の故障ではなかったので、出張費だけがかかってしまった…ということもあるので注意が必要です。
また、経年劣化による故障の場合は、すでに廃盤になっている等でメーカーでも修理が出来なかったり、
入れ替えたほうがトータルで考えると安く上がるしすぐに解決するということもあります。

機器本体の故障・異常の場合

機器本体の故障・異常の場合

明らかな異音・異臭や本体から煙を出しているなどの分かりやすい場合はもちろん、リモコンにエラーコードが表示されたり、本体のランプが点滅等の異常を知らせるサインを出している場合が殆どです。
前記しましたが、実はエラーの原因が機器不良では無く出張費だけがかかってしまった…ということもありうるので、付属の説明書や、メーカーのHPなどを参考に異常の内容を調べてから対処していきましょう。
また、設置から1年以内の機器不良であれば、メーカー保証で賄えます。

エラーコードをチェック

機器本体以外の故障・異常の場合

機器本体以外の故障・異常の場合

機器に目立った異常がない、エラーなども特に出ていない場合は、経年劣化や施工不良に起因する冷媒ガス漏れや配管系の異常など、機器本体以外の故障・異常である可能性があります。
とはいっても、この場合の判別は専門的な知識や経験がないと難しいと思います。
施工不良であれば施工を担当した業者や仲介した会社へすぐに連絡しましょう。
弊社でも、自社で施工したものはもちろん、他社で施工したものの調査や入れ替えを承っております。
現地の調査やヒアリングは無料ですので、お気軽にご連絡ください。

アフターサービス・保証について

原因の切り分けと冷静な対処を

エアコンの効きが悪い時は、原因の切り分けと冷静な対処を

暑い日にエアコンの効きが悪い原因を、その対処法も含めてご紹介しましたが、暑い夏をエアコンで快適に過ごすためには、定期的なお手入れと正しい使い方、異常があった場合にも正しく対処できる知識が必要です。
とは言っても、エアコンはただの家電ではなく、設置には専門的な知識と技術を要するものなので、分からないことのほうが多いかと思います。
現在お使いのエアコンのトラブルやご不明点がございましたら、弊社までお気軽にご相談ください。
専門知識を有する営業担当と、高い技術力を持つ工事担当が親身に対応させていただきます。

CONTACT

お問合せ

お見積もりは無料ですお気軽にお問合せください♪

0120-029-009 【通話無料】

受付時間10:00 ~ 19:00(日曜.祝日除く)

詳しいお見積り、お問合せはコチラメールフォーム

LINEでカンタンお見積り・お問合せLINE見積もり

各店舗へのお問合せ実店舗一覧