エアコンと電圧について

エアコンのカタログや商品ページなどで、『単相100V』や『三相200V』などの電圧に関する表示があるのをご存知でしょうか?
エアコンに限らず、家電製品を動かすためには電気の力が必要になりますが、その力は大まかに電流と電圧に分けられ、
電圧は電気を送り出すために必要な力の量を指し、V(ボルト)という単位で示されます。
ここでは、エアコンの選定ポイントの一つである電圧に関してのアレコレをご紹介致します。

まずは押さえよう

エアコンの電源

エアコンの電源には、一般家庭などで採用されている『単相』と、
オフィスなどのより多くの電力を使用する場所で採用されている『三相(または『動力』)』の2種類が存在し、
さらに、単相には『100V』と『200V』が、三相には『200V』の電圧のものがあり、全部で3種類に分類されています。

分類電源電圧効率安全性場所
14畳未満の家庭用エアコン

14畳未満の家庭用エアコン

単相100V普通高い一般住宅・小規模オフィスなど
14畳以上の家庭用エアコンと3馬力未満の業務用エアコン

14畳以上の家庭用エアコン(一部12畳用も対応)
3馬力以下の業務用エアコン

単相200V普通高い一般住宅・小規模オフィスなど
すべての業務用エアコン

すべての業務用エアコン

三相200V高い普通中規模以上のオフィス・店舗・工場など
単相と三相

違いはなに?

100Vと200V

100Vと200Vの違い

エアコンの電源でも少し触れましたが、日本における家電の電圧は基本的に『100V』と『200V』の2種類です。
これまで日本の家電は100V対応のものがほとんどで、200Vとなると業務用製品がメインでしたが、
最近では家庭用でも200V対応の家電が増えてきました。
これは、IH調理器具などをはじめとした、より高い電圧が必要な家電が台頭してきたことが理由で、エアコンもその一つです。
また、100Vの家電を使用するためには100Vのコンセントが、200Vの家電には200Vのコンセントが必要で、
100Vの家電に200Vのコンセントを使用するといったことはできません。

エアコン

100Vと200Vの具体的な違い

100Vのエアコン

100V
  • 選択できる能力の幅が広い。(6~12畳用)
  • 基本的に電圧切り替え工事の必要がない。
  • 200Vの2倍のA(アンペア)を使用する。
  • 200Vの半分のパワーのため、設定温度に到達するのが遅い。

200Vのエアコン

200V
  • 100Vの倍の速さで設定温度に到達する。
  • 100Vの1/2のA(アンペア)で稼働する。
  • 14畳以上(一部12畳用も有)の大きな能力のものしかない。
  • 基本的に電圧切り替え工事が必要になる。

200Vにすると電気代が増える?

100Vと200V。その差は単純に2倍になるので、もし切り替えを行ったら電気代も2倍になるのでは?と考える方が多いかと思いますが、実は電気代に大きな変化はありません。
電気代自体は、消費電力と使用時間で決定するので、電圧を変更するだけでは電気使用量まで変わることはありません。
しかし、エアコン自体は、設置するお部屋の広さや条件に合ったものを設置しないと消費電力も電気代も高くなってしまいますので、電圧が高い/低いほうがいいというわけではありません。
使用条件に沿った電圧(機種)の選定が、効率的で省エネなエアコン選びのキモとなります。

100V⇔200V

電圧切り替え工事

エアコンを能力アップしたい・大きな能力のエアコンをつけたいけどコンセントに100Vしか来ていない・・・。
そんな時は、いくつか条件が発生しますが、電圧切り替え工事を行うことで200Vのエアコンを取り付けることが可能です。

工事の前にチェック

電圧切り替え工事の条件

単相三線式である

単相三線式

エアコン専用回路である

エアコン専用回路

100V/200V兼用である

100V200V兼用

単相三線式である

単相三線式である

一般家庭の電力供給方式には、『単相二線式』と『単相三線式』の2種類があります。
非常に簡単に言うと、単相二線式はメインブレーカーから線が2本出ていて100Vの電圧のみが供給可能なタイプで、単相三線式は線が3本出ていて100Vと200V両方の電圧供給が可能なタイプになっています。
そのため、200Vへの電圧切り替えが可能なのは『単相三線式』です。

単相三線式と単相二線式

単相二線式から三線式にできる?

現在はほとんどの物件で単相三線式が採用されていますが、古い建物などでは単相二線式が採用されている場合があります。
ウチは二線式だけど200Vのエアコンは設置できないのか?というお問い合わせをよくいただきますが、結論からいうと可能です。
その際は、電力会社への申請や、引き込みの配線・分電盤の交換など、単相二線式から単相三線式へ改修工事が別途必要になります。
弊社では、この改修工事も数多く手がけておりますので、お気軽にご相談ください。

単相二線式から単相三線式への改修工事

エアコン専用回路である

電圧切り替えを行うと、その子ブレーカーが元になって分岐している回路も200Vになってしまいます。
その状態でもし異なる電圧の家電を使用してしまうと、家電が故障してしまうため、単独の回路になっている必要があります。
エアコンは基本的に専用の回路(エアコンの電源のみを確保するための子ブレーカー)が設けてあるため、その回路の電圧を切り替える。ということになります。

エアコン専用回路である
専用回路

100V/200V兼用である

100V/200V兼用である

電圧切り替えは、メインブレーカーから分岐した子ブレーカーを100Vから200Vへ切り替える作業です。
この子ブレーカーは、100Vのみに対応できるものと、100Vと200V兼用のものの二種類が存在するため、切り替えを行えるのは100V/200V兼用タイプのみになっています。
また、100Vのみ対応タイプでも、兼用のタイプへ交換することは可能です。

電圧切り替え工事は

有資格者のみ行えます

基本的に電気工事は、『電気工事法』により、有資格者のみが行えることになっています。(一部の作業を除く)
これは、知識のない無資格者の施工による電気の事故や犯罪を防ぐという目的のために制定されています。
ここでご紹介している電圧切り替えの工事を行えるのは、第二種電気工事士という資格を持つものだけです。
弊社にご依頼の際は、安心安全を考慮し、必ず有資格者が施工致しますので、安心してご依頼ください。

電圧切り替え工事には資格が必要です

電圧切り替え工事

具体的な手順

前述した条件をすべて満たしている場合の、電圧切り替え工事の具体的な手順をご紹介します。

STEP 1

既設コンセント

100V・200Aのコンセント

STEP 2

コンセント電圧測定

電圧測定

STEP 3

子ブレーカーOFF

ブレーカーを落とす

STEP 4

既設コンセント取外し

既設コンセント取り外し

STEP 5

200Vコンセント取付け

200Vコンセント取付け

STEP 6

200Vコンセント取付け

200Vコンセント取付け

STEP 7

分電盤カバー取外し

分電盤カバー取外し

STEP 8

メインブレーカーOFF

メインブレーカーを落とす

STEP 9

通電確認

通電確認

STEP 10

子ブレーカー取外し

子ブレーカー取外し

STEP 11

電圧切り替え

電圧切り替え

STEP 12

切り替え完了

切り替え完了

STEP 13

メイン/子ブレーカーON

メインと子ブレーカーを入れる

STEP 14

子ブレーカー電圧測定

子ブレーカー電圧測定

STEP 15

子ブレーカー切り替え完了

子ブレーカー切り替え完了

STEP 16

コンセント電圧測定

コンセント電圧測定

STEP 17

電圧切り替え完了

電圧切り替え完了

しつこいようですが、電圧切り替え工事は電気工事士の有資格者のみが行える専門的な工事です。
それ以外のものが行うことは、法律で禁止されています。絶対にやめましょう。
また、このページでご紹介している電圧切り替え工事の方法を実際に行った場合に発生した、いかなる事故や怪我等についても、弊社では一切責任を負いません。※100Vや200Vの低い電圧でも、十分に死傷する可能性があります。
電気工事は、正しい知識と高い技術を持つ有資格者に依頼するようにしましょう。

電圧切り替え工事

かかる費用

エアコンの設置に伴う電圧切り替え工事は、弊社ではオプション工事として承っております。
具体的な費用に関しては、オプション工事のページをご覧ください。※電圧切り替え工事単体では承っておりませんのでご注意ください。

エアコンオプション工事

電圧切替えを伴うエアコン設置工事は

エアコン総本舗にお任せください

電圧切替えを伴うエアコン設置工事はエアコン総本舗にお任せください。

電圧切替えを伴うエアコン設置工事は、お問い合わせからすべてワンストップで完結する弊社にお任せください。
もちろん、工事を行うのはすべて正しい知識と高い技術を持つ有資格者のみ。
また、電圧切り替え等の電気工事が発生するか否かの調査も、弊社ではすべて無料で行っております。
能力アップしたい。電気工事が伴うので他で断られてしまった。
そんな方はぜひ、エアコン総本舗にお任せください。

CONTACT

お問合せ

お見積もりは無料ですお気軽にお問合せください♪

0120-029-009 【通話無料】

受付時間10:00 ~ 19:00(日曜.祝日除く)

詳しいお見積り、お問合せはコチラメールフォーム

LINEでカンタンお見積り・お問合せLINE見積もり

各店舗へのお問合せ実店舗一覧